2013年03月12日

HOPE FOR project

こんにちは
よしだけいしゅん@復興応援隊です

本日3本目のエントリーは、昨日のHOPE FOR projectさんの企画を
(勝手に)取材した模様をお伝えします

昨日、深沼で執り行われた三回忌法要の後
荒浜小学校卒業生の若者を中心とした有志の方々による
(津波が到達した時間帯に合わせて?)風船を飛ばす企画が行われました
昨年も実施され、今年で2回目となります

HOPE FOR project
大勢の地元の方が参加されました
風船には“HOPE FOR"と印字されています
参加者の方は、“FOR"の後に続く各々の想いを風船に託したことでしょう

HOPE FOR project
代表の高山さんの合図で一斉に風船を飛ばします

遠いところに行ってしまった友人たちに想いを馳せれば
きっと彼らも笑いながら、見守ってくれるんじゃないかな
などと考えながら、あっという間に消えゆく風船たちを眺めていました




夕方になり…

仙台市の市民広場では青年商工会議所が企画するキャンドルセレモニーで
「かがやけ 仙台」の文字を作って、多くの方が訪れたそうですが…

時をほぼ同じく、荒浜小学校前の「何もない」空き地では
HOPE FOR projectのメンバーの方々がキャンドルを用意していました

HOPE FOR project
HOPE FOR project
30名前後の方が一斉にキャンドルに点火していきます

HOPE FOR project
美しい夕焼け空を背景に、卒業生のお子さんとみられる女の子も点火のお手伝い

HOPE FOR project
牛乳パックで作られた可愛いキャンドル

HOPE FOR project
前日までのワークショップで作られたであろう、紙コップに描かれたイラストやメッセージ

HOPE FOR project


“ Thank you for all your help ✡ ARAHAMA ♡ "




浮かび上がってきた文字に込められた想い
日本国内のみならず、世界中から助けてもらったことへの感謝
これは絶対に忘れてはならないことなんだと思います

私自身は津波を経験していませんし、家も流されていません
しかしながら、同じ日本人として、今を生きる一人の人間として
彼らのために支援してくれた世界中の方々への感謝の気持ちは
我が事として忘れずに持ち続けたいものです


HOPE FOR project
キャンドルの文字の全容を写真に収めることができませんでしたが
きっと彼らが素晴らしい1枚を撮影してくれたことでしょう


<<追記:13.3.13>>
HOPE FOR projectさんのFacebookページにて
灯籠の灯り全体の写真がアップされています
ぜひ御覧ください!
こちらからどうぞ



同じカテゴリー(レポート)の記事画像
若林区六郷・地域紹介冊子プロジェクト 第4回編集委員会
すずめの宿「パラソル喫茶」
若林区六郷・地域紹介冊子プロジェクト 第3回編集委員会
さんま&ほたてまつり!
秋だ!みんなで芋煮会 2014
六郷・七郷を訪ねる会 ジュニア編
同じカテゴリー(レポート)の記事
 若林区六郷・地域紹介冊子プロジェクト 第4回編集委員会 (2014-12-11 09:01)
 すずめの宿「パラソル喫茶」 (2014-11-21 09:46)
 若林区六郷・地域紹介冊子プロジェクト 第3回編集委員会 (2014-11-19 11:20)
 さんま&ほたてまつり! (2014-10-20 17:24)
 秋だ!みんなで芋煮会 2014 (2014-10-17 17:01)
 六郷・七郷を訪ねる会 ジュニア編 (2014-09-30 17:01)

Posted by 仙台市若林区復興応援隊 at 15:28│Comments(0)レポート
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
HOPE FOR project
    コメント(0)